So-net無料ブログ作成

久間防衛大臣辞任 [新聞より]

【久間氏の発言要旨】

 日本が戦後、ドイツのように東西が壁で仕切られずに済んだのは、ソ連の侵略がなかったからだ。米国は戦争に勝つと分かっていた。ところが日本がなかなかしぶとい。しぶといとソ連も出てくる可能性がある。ソ連とベルリンを分けたみたいになりかねない、ということから、日本が負けると分かっているのに、あえて原爆を広島と長崎に落とした。8月9日に長崎に落とした。長崎に落とせば日本も降参するだろう、そうしたらソ連の参戦を止められるということだった。

 幸いに(戦争が)8月15日に終わったから、北海道は占領されずに済んだが、間違えば北海道までソ連に取られてしまう。その当時の日本は取られても何もする方法もないわけですから、私はその点は、原爆が落とされて長崎は本当に無数の人が悲惨な目にあったが、あれで戦争が終わったんだ、という頭の整理で今、しょうがないな、という風に思っている。

 米国を恨むつもりはないが、勝ち戦ということが分かっていながら、原爆まで使う必要があったのか、という思いは今でもしている。国際情勢とか戦後の占領状態などからいくと、そういうことも選択肢としてはありうるのかな。そういうことも我々は十分、頭に入れながら考えなくてはいけないと思った。

上記を読むと悪意はない。

歴史を再考した意見だ。
原爆によって敗戦が早まり、日本がソ連参入によるアメリカとの分割統治を避けさせる結果となった。
これは小室直樹の意見と同じだ。
原爆を落とされたから、東西ドイツや南北朝鮮と同じようになることはなかったと言う意見だ。
事実としてそれは正しいと思う。
批判する人間はしょうがないという言葉に対する反対意見をだすべきだろう。
どように考察していたのか?

『アメリカは毒ガスという選択肢もあったが、毒ガスは日本も持っていたのでどこかで反撃されては困る。
そこで、まだ日本が開発していない原爆でジェノサイド的実験をしたかったんだから、アメリカは戦争終了だけを考えていた訳ではない。
だから「しょうがない」ではすまされないんだ。』
というような意見がこの発言をとりまくTVで出ていたらいいのだが、単なる言葉狩りとなってしまったことが残念だ。

確かに、選挙前なので野党に利用されるということを考えなかったのはナンセンスだと思う。
しかし結果として、TVに被爆地方の意見を報道され、日本の核武装反対派を活気づけてしまった。
これで、核武装論議がまた慎重になってしまうのが心配だ。

結局、テレビも新聞もすべて核廃絶に向けて日本は進むべきとまとめに入った。
アホか。

アメリカの核の傘に入っていて、アメリカの核を批判してどうするんだ。
いつまでマスコミってのは親のスネかじっているくせに親の悪口をいう子供のような精神なんだろう。
多角的に核を論じることがまた遠のいた。

横須賀に原子力空母が来ることに反対運動が起っている。
しかし、国民は原子力に過敏すぎる。これだけ原子力発電を使っているにもかかわらず。

日本はそのまま核処理技術さえ発展すれば、エネルギー問題も原子力発電で解決。
防衛は、原子力空母、潜水艦と原爆で決まりだ。

まさに日本の未来は原子力にかかっているというのに。原子力とどれだけ向き合うかだ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

からお

なにか久間発言が唐突で(8・15間近ではありますが)、慰安婦にゴチャゴチャ言う米国に「原爆落としたの覚えてる?」とでも言うために久間が汚れ仕事をしたような感じがします。
安倍の非核テロ?
by からお (2007-07-05 13:00) 

梅太郎

久間は自分で言い訳しているように、「語彙が少ない」わけでなく、軍事や歴史に無知でもない。、旧橋本派の反米心が残っているのでしょう。だから、安倍内閣で防衛省として従米がいやだったからああいう言葉を繰り返して火遊びして代えられてもいいや的だったと思います。
by 梅太郎 (2007-07-05 14:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。