So-net無料ブログ作成
検索選択

段ボール肉まん [新聞より]

日本でも残念ながらミートホープ社の偽装牛肉事件がありました。
ミ社では、牛肉に豚肉、チャーシューなどを混ぜていましたが、
お隣中国の偽装肉まん事件というのはもっとすごい。
なんと異種類の肉でなく段ボール。段ボールと混ぜていたようです。その比率も6対4。
北京市朝陽区の露店業者は、「段ボールと肉の割合は6対4で、コストを下げる
ために行っている。自分では食べない」と証言しているという。

ダンボール肉まん
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/world/china/story/070712jijiX357/

「段ボール肉まん」違法販売=劇物で加工し具と偽装-北京 (時事通信)

 【北京12日時事】中国中央テレビ(電子版)は12日までに、北京市朝陽区の一部露店で、段ボールとひき肉を混ぜて具にした「偽装肉まん」が違法に販売されていたと報じた。販売業者は同テレビの取材に対し「段ボールと肉の割合は6対4で、コストを下げるために行っている。自分では食べない」と証言した。

 日本ではひき肉偽装事件が発覚したが、北京市当局は段ボールを使った偽装肉まんは極めて悪質なケースだとして、違法加工拠点に対する取り締まりを進めている。

 問題の肉まんは、使用済みの段ボールを劇物のカセイソーダに浸して黒っぽくした上で、粉々にしてひき肉と混ぜ、肉まんの具として約10分間煮込んで作られる。段ボールとひき肉が混ざった具は、外見上は本物と見分けが付かないという。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。