So-net無料ブログ作成
検索選択

wiki問題 [リンク]

朝鮮人が歴史改ざんをwiki上でやるから困るという私の友人がいるが、
こんな記事も紹介してもらった。
プロパガンダはネット上で行われる現代、wikiをもう軽視できなくなってきた。

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200708200729&page=2

任天堂ソニーもWikipediaを検閲? Wikiscannerによる調査で判明

【Technobahn 2007/8/20 07:29】Virgil Griffith氏が開発したIPアドレスからWikipediaの編集履歴を調べるツール「Wikiscanner」が波紋を呼んでいる。

  Wikiscannerによる調査の結果、CIAがイラン大統領府に関する記事など、合計300項目にも及ぶ修正を加えていたことが明らかとなった他、変り種ではローマ法王庁も項目の編集を加えていたことが明らかとなるなど、Wikipediaの記事の内容に関しては、世界中の政府機関、政治団体、宗教団体、報道機関が編集合戦を繰り広げていたことが明らかとなりつつある。

 これまでWikiscannerで明らかとなった編集者は、CIAやFBIといった米国の政府機関の他にも、イスラエルや南アフリカなどの外国政府、国連などの国際機関、米共和党、米民主党などの政党組織、BBC、ロイター通信社、、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、、フォックスニュース、アルジャジーラなどの大手マスコミマイクロソフト、キャタピラー、フォード、任天堂、ソニー、トヨタなど大企業など、多岐に渡っている。

 こうした政府機関や大企業による編集の内容は、自己に不利益な項目の削除、自己宣伝、敵対勢力や気に食わない政治指導者などに対する子供じみた中傷などがほとんどで、実際の編集履歴を見ると呆れる内容が多いのも今回、判明した特徴の一つとなっている。

  Wikipediaは中立、公平の原則の元であれば、編集は誰でも自由にできることが特徴となっている。しかし、政府機関や政党、宗教団体、報道機関などが自己の都合で勝手に編集を行っていたことに対してはWikipediaの原則を損なうものとして批判の声がでてきている。

 ただし、その一方でWikiscannerの利用者の間からは、こういった政府機関や大企業などによる編集履歴は、政府機関や大企業の本音が判るので面白いといった声もでている。

  Wikipediaの編集内容はこれまでもIPアドレスによる履歴が残されていた。しかし、これまで包括的にIPアドレスから記事の編集者を割り出すようなことは行われてこなかった。

政府機関や大企業による主な特徴的な編集履歴

自己に不利益な項目の削除

イスラエル政府がイスラエル兵によるガザ地区での一般人殺害の記述を削除
アムネスティーがアムネスティーに対する批判記事を削除
任天堂がゲームキューブの初期不良問題の記述を削除
NSAがエシュロンに関する記述を削除
電子投票機のメーカーが批判記事を削除
ソニーがブルーレイのDRMに関する批判的記述を修正
FBIがグアンタナモ米軍基地の写真を削除

自己宣伝

米政府機関(エネルギー省)がイラク戦争を正当化する記述
南アフリカ政府がAIDSは大した問題ではないと記述
サブウェイがサブウェイのサンドイッチはおいしいと記述
マイクロソフトの広告代理店がMSNはGoogleと並ぶ有力な検索エンジンと記述

ライバル企業や気に食わない政治指導者に対する誹謗、中傷、いやがらせ

アルジャジーラがWikipediaはユダヤ人によって支配されていると記述
エアバスがボーイングに関する説明をボーイングに対して批判的内容に修正
フォードが「ホンダフィット」の別名として「ホンダルーザー(負け犬)」を追加
BBCがトニー・ブレア首相は酔っ払いでセックスマニアと記述
BBCがGeorge Walker Bushの名前をGeorge Wanker(うすのろ)Bushと修正
ニューヨークタイムズがブッシュ大統領をカーク船長に例える記述を追加
ロイター通信社がブッシュ大統領は大量殺人者と記述
フォックスがMSNBCの有名キャスターの学生時代のフットボールの経歴を全削除
フォックスがCNNはリベラル(米国ではリベラルはネガティブワード)寄りだと記述
CBSがクリントン大統領の出生地を「ホープドック」から「ホットドッグ」に修正

その他(隠された事実の列挙?)

大手軍需企業のSAICが「政府によるマインドコントロールは事実」と記述
アルジャジーラがイラクでの米軍兵士の死傷者数を逐次更新


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。