So-net無料ブログ作成
検索選択

F22が買えないなら和製戦闘機だ・・・。 [アメ通]

アメ通でF22をアメリカが売ってくれないことを片岡先生が指摘した。

小泉がイラク出兵などよくやってくれていたから、日本人が米国牛肉を買わなくてもブッシュはかばってくれていた。
円安とアメリカの購買欲に助けられて自動車生産は伸びたが、今後どうアメリカが圧力をかけるのだろうか?
安全保障の面でF22が買わせてくれないのはヤバイのだが、自前で作れるってもんだという友人もいる。
しかし、別の友人は
>開発期間は約10年、開発費は総額で数百億円程度
ではケチったなあと漏らしていた。

たしかに、10年で数百億なら開発する気はあるのだろうか。

F22
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070724i101.htm?from=main1

「第5世代」ステルス実験機開発へ…防衛省方針

 防衛省は23日、ステルス性能などを持つ「第5世代」の戦闘機技術を検証する有人実験機の開発に向け、来年度予算の概算要求に費用を計上する方針を固めた。
Click here to find out more!

 日米が共同で開発したF2支援戦闘機の生産が2011年度で終わるのをにらみ、技術開発の基盤を維持するのが目的だ。

 国産機開発の姿勢を示すことで、来年夏の次期主力戦闘機(FX)の選定で米国などとの交渉を有利に進める狙いもある。

 防衛省によると、有人実験機には、ステルス技術や高度な電子機器などを搭載する。レーダーや武器などは搭載しないため、実際の戦闘機よりは小型になる予定だ。開発期間は約10年、開発費は総額で数百億円程度を見込んでいる。

 防衛省はこれまで、費用や性能の面から、戦闘機は原則として米国から購入してきた。来夏のFX選定も、米国の「F22ラプター」などが候補となっている。しかし、最有力候補であるF22は、輸出を禁じる米国内法があるため、米側の情報開示が進まないなどの問題が起きている。

 ただ、国産機の本格的な開発には、政府内や米側との調整のほか、費用や性能の十分な検証が必要になる。このため、まずは有人実験機の開発を目指すことにした。


http://www.sankei.co.jp/keizai/sangyo/070723/sng070723000.htm

次期戦闘機選定はF2の教訓を生かせ

.

 防衛省は中期防衛力整備計画(平成17年度~平成21年度)の一環として、現有の要撃戦闘機F4の後継機種(FX)の選定に向け検討を始めた。最有力候補はロッキード・マーチン社のF22Aラプター、次いで同F35、ボーイング社F15FXなどと続くが、のどから手が出るほど欲しいのがステルス性など第五世代戦闘機として最も高性能のラプターだ。が、イージス艦の情報漏洩問題もあって米国防総省は詳細な性能情報の提供にも難色を示している。

 この議論には肝心のポイントが欠けている。防衛産業を含めた国家安全保障どう考えるか、国家プロジェクトとしてFXをどう位置付けるか、である。この回答のためには、まず20年前の次期支援戦闘機(FSX、現在のF2)「日米共同開発」の失敗の教訓から学ぶ必要がある。

 1980年代後半、日本はバブル経済の絶頂期だった。当時の防衛庁には「絶対に米国を越えられるという夢があった」(防衛省幹部)し、三菱重工業には「ニュー零戦」の野望があった。ところが米国からエンジン技術を提供しないと言われてあえなく挫折。F16(ロッキード・マーチン社製)を母体とした共同開発でいったん合意したが、「日本が米国を飲み込む」という議会などの日本脅威論に押され、ブッシュ(父)大統領は、中枢技術の飛行制御ソフトの供与中止と日本から無料、無条件で炭素繊維複合材の一体成形加工技術とレーダーの素子技術提供を時の竹下内閣に飲ませた。製造作業分担は日本6に対し、米4だが、収益配分は逆の4対6の「不平等条約」である。

 日本側は開発に10年もの期間をかけ米側が提供を拒否した飛行制御ソフトを自力で製作し炭素繊維の強度不足をソフトで制御している。防衛省は「失敗」とは認めず未だに「改良」にカネを投じているが、それでは次のステップに進めない。一機当たりの価格がF16の二倍以上なのに、性能はたいしたことがない。本家の米側の評価はきわめて低いか

ら、FXは機種を問わず「丸ごと買え」と言われかねない。

 ロッキード・マーチン社のほうは、日本からノウハウを無料、無条件で導入した炭素繊維複合一体成形加工技術を生かし、F22とF35の開発につなげた。しかし、米国はF22とF35への日本の貢献も認めない。

 F2の技術的経験と蓄積が次に生かせるなら、3700億円という開発費は無駄ガネにはならないかもしれない。ところが現実は厳しい。防衛省は「失敗ではない」と言いながら。さっさとF2調達に見切りをつけ、三菱重工業小牧南工場のF2生産は今年度で終了する。FXがF22ラプターの場合、よくて丸ごと輸入。その場合、三菱の戦闘機開発製造は長い空白の期間に入る。

 三菱の技術陣は中型民間機「MRJ」用の開発などに分散するしかなくなるが、戦闘機用の技術は航空宇宙、新素材、コンピューター・システム、新半導体素子など波及効果が高く、民間機では代替できない。

 巻き返す手がかりがないわけではない。1988年6月、カールッチ国防長官は瓦防衛長官の前でFSXについて、「これは本当の共同開発ではない、将来には真の共同開発をめざす」と言明した。この談話の草案を書いたアワー元国防総省日本部長は「日本には自前の技術と、米側から真の共同開発を引き出す強固な意思が必要」と助言する。

 米国防総省には「日本の民間には未だに多くの高度な軍事転用可能技術が使われないまま眠っている。共同開発の意義は米国にとって大きい」とみる専門家もいる。日米が「真の共同開発」をめざす、その原則のうえでFXの機種選定をするのがF2の教訓ではないか。


日本人はまだ幼稚ではいか。 [アメ通]


①久間発言はアメリカの判断はしょうがないとした
これによって国民はひどい発言だといいだした。

②しかし、あやまちは繰り返しません
といっていたので本当はアメリカの原爆投下はしょうがない
(戦争したからお灸をすえられた)と
思っていた日本人もいることは確かなのです。

③しかし、テレビで、核武装論議になると、依然としてそれとこれとは別という
発言がでるといういつもの結末でした。
テレビで核武装論議に進むことすら止める空気があります。

つまり、日本人は
戦争は反対。
核武装も反対。
でも日本に原爆を落としたアメリカは許せない

核の傘に入って守ってもらっているのにアメリカの核を批判している

親のスネかじっている学生が親を批判するようなもので
結局まだ日本人は子供のまんまのようだ。
①と②と③の矛盾が成り立つのは未熟でわがままで自分勝手な子供である
ことだと思います。

しかし、片岡先生がご指摘の通り
アメリカの核攻撃は悪だったという認識は確かに一部の人間に進んだ。

そこから論理を積み上げて「日本の核武装は善」と考えられるのも
確かに20から30代の小林よしのり読者世代はそうかもしれない。


情緒より論理、パワー [アメ通]

憂国のプロフェッサーは、

遅まきながら、安倍は非常に危険な罠にはまったことに気付い
たらしい。今のままで推移すると彼は参院選で負けるね。その理由は、
彼の幹事長が「衆議院の三分の二があるのだ、負けても退陣しない」と
いい始めたことだ。「諸君!」も安倍攻撃を始めた。そこで安倍は、一
回拒絶した「劇薬」を使う誘惑に駆られているのだと思う。慰安婦ナ
ショナリズムで失地挽回なるか。
失敗すれば、日本は村八分になる。朝日は馬鹿だから、安倍の
失敗が日本の開運の機会だと本当に思っている。だが、安倍の日本が失
敗すると、米中はおろか、豪州もASEANもそっぽを向くよ。日本の
仲間は北朝鮮だ。日朝同時非核化が議題に登るよ。
                         
といっておりましたが、今回のアメ通ではさらに進展、もうヤバイ。

《ブッシュ政権は、核問題に関する米朝協議から日本を外したことが判明した。拉致問題を解決するために、ブッシュは、日本政府が「拉致問題」の範囲を定義し、北朝鮮から何を求めるのかを確定せよと要請していた。しかし安倍総理は回答を事実上拒否したものと見える。ここで見切り発車になったのだ。》
特攻や本土決戦といっていたのも、情緒にかられ、定義、落しどころがわからなくなるところがある。
神風をやったのも敗戦ラインを自分で決めていなかったからどこまで戦うか決めていないし、
わかっていなかったからだ。

拉致は重要問題だが、日米同盟と改憲核武装、アジアでのイニシアチブの方は最重要だ。
それらの行方が日本有利にできないとそもそも拉致も解決しないのだ。

論理より情緒と藤原正彦は言ったが、今の日本には情緒より論理(定義)が大事だ。
情緒よりパワー(米国の後押し)だ。

最近情緒系保守といわれる分類がある。
とにかく日本が、日本人が・・・・・。という考え方だ。
それはそれで重要だが、政治の場では現実をふまえないといけない。
以下は友人が教えてくれた桜のyoutube画像だ。
情緒系保守VSリアリストの議論だ。
http://jp.youtube.com/watch?v=lXrzFOx1evE
真に物事を解決に向かうには何が必要かと考えなくてはならない。


「核武装論者」片岡鉄哉VS「非核」石破茂 [アメ通]

片岡先生が石破を叩く。

もうすぐ配信されるアメ通より。

○以下の点で誤謬をついているので完全に叩いている。

> そして海自が沖縄周辺中国潜水艦を攻撃・沈没したとす
> る。この場合、北京政府が「いやあ、日本の海軍には負けた」と言っ
> て、引き下がるだろうか。

現状だと東シナ海に海自の敵になる戦力はいないでしょうからねえ。
しかし、本気で怒らせたら核がでるとわかっていたら海自も戦う意味がない。
ナイフ同士の数人での戦いに、刃渡りもデカいのを持ち、テクもあり勝てる自信があっても、
相手がピストルも持っているとわかっていたら、怒らせることはできない。

> 「米国に向かう可能性のある弾道ミサイ
> ル」をアメリカ行きと看做して、海上自衛隊のイージス艦が「迎撃」
> し、撃墜する。そもそも、アメリカを攻撃できるミサイルを持つのは、
> 現在のところ中国だけである。その中国がアメリカを攻撃するというの
> は一大危機、ひょっとすると世界戦争を意味する。
>
> そこへ、日本が脇から手を出して介入するという想定だが、こ
> れは日本が対中宣戦布告することを意味する。日本による挑発を意味す
> る。それでも、中国が黙って引っ込むと石破氏は思うのか。それとも日
> 本に報復の核攻撃をすると思わないのか。

とてもわかりやすい。

石破は麻生や中川が核武装を論じているときにTVで共産なんかの革新側にまわって、核武装容認派に反論していてた。
サヨクに知恵をつけるんじゃないと保守側は感じていた。
それほど石破の論は筋が通っているように見えた。

しかも、石破に対して、
「インドは核武装してからアメリカとの問題はほぼ解決できたが、それはどう思うか?」
と質問ができるやつはTVディレクターから出演許可がでない。
TVに呼ばれない片岡先生がこうしていろいろ付け加えて今回書いた。

それだけに、きっちり分析されたこの論文の力は大きい。
公開質問状として月刊誌でやりあってはどうだろうか?
非核チームの潮さんも出てくるだろう。

巷では年金問題で忙しい。
しかし、ひとたびシナが暴れたら年金どころではない。
国防が最大の課題だ。

日本の核武装により、アメリカが手を引くリスクは
①アメリカと日米同盟が切れる可能性がでてくる。
日英同盟解消後、イギリスと戦ったように、アメリカと戦いたくない。
核保持後に中国寄りになってきたアメリカ政府に対して、
日本はアメリカを引き留める政治力がない

②日本人は本来強いので自信をもって北朝鮮や中国の挑発にのり、
戦争を始める可能性がある。日本人の蛮勇を恐れている。

③日本人は弱いので、アメリカなしに核をもっても判断力がないと思い
日本人を信用していない。

上記のどの点を石破は考えているのか?
共通するのは核をもっても、それを運用する判断力、政治力が日本人にないと思っ
ているんじゃないでしょうか。

ちなみに、片岡先生は
石破について
>弁舌さわやか、
と言っていますが、ねちっこいしゃべりで、カマっぽいという印象がぬぐえない。
ただし頭脳は切れるのは間違いありません。
多くの読者もさわやかとは思っていないと思うんだが。
期待の政治家だから、しゃべり方と髪型を変えて欲しい。


ロワイヤル仏大統領候補は4人の私生児持ち [アメ通]

フランス大統領候補だったロワイヤルが4人の私生児持ちだったことをアメ通で知った。
 日本のメディアはロワイヤルがリベラルだから応援したいようだが、欧米のメディア同様にそういう情報も公開して欲しいものです。
日本は敗戦利得者による情報鎖国されたままになっている。

 また、ロワイヤルが、国旗掲揚や国歌斉唱を称揚するなど国家主義・権威主義的な主張も唱える面もあったことをなども強調すべき点だ。
  
  サルコジ=アメリカ型自由競争
  ロワイヤル=北欧型格差是正

という紋切り型の報道では、とても知性のある報道機関といえない。


そこまでして護憲か!! [アメ通]

片岡先生は日本の情報をとるときは日本語を読むしかないのですが、それでも英語の情報を元に考えることが多いように思います。
日本の姿はアメリカ人が考えて分析して英語になっている。その真贋を考えているようです。力関係もあるからつまり、日米関係は未だに8割は英語の情報から読み解かないとわからないということですなあ。

日本に以下の情報は文字になっていない

以下は片岡先生のアメ通より
今、しばらくぶりに本を書いている。その第一章で、戦後日米の四大紛争を指摘してある。一回目は吉田茂とダレス。二回目は佐藤栄作とニクソン。三回目は竹下登とレーガンの貿易戦争(バブル)。四回目は橋本龍太郎とクリントンとの戦いだ。
 日米は60年間、同じ問題、つまり憲法を改正するか否か、で四回の大衝突をしているのだ。信じられるだろうか。朝日が代表する日本のメディアは日米大衝突などというトピックはタブーにする(摩擦?)。だから、日本人は知らないのだ。
 アメリカの同盟国で、60年間で四回も大衝突し、四人の首相がこけてしまったという例は日本だけだ。しかも同じトピックなのだ。日本は何度叩かれても、犬のようについていく。そして同じ問題をぶり返す。絶対に怒らない。愛憎なのだ。
 例えば、日本で核武装に最も強く抵抗するのは朝日である。その理由は、「日本が核武装するとアメリカから独立するから」というのだ。しかし星浩がアメリカのどこを、そこまで愛しているのか知りたいものである。


 


日本がアメリカをテコに中国とどう対峙するか-これが焦点 [アメ通]

夕方片岡先生宅におじゃました。
日本のメディアとアメ通の内容にあまりにも差があることについて話し合った。

アメ通はもっぱら
「日本がアメリカをテコに中国とどう対峙するか」
これが焦点です。
中国のガス田開発に対してタカ派中川一郎は外され二階です。今は、中国のいいなりにまた逆戻り調です。米中日の三角関係の中奮闘する小泉。その舞台裏を配信してます。

しかし、他のメディアは、メール問題。
このギャップに読者もついてきていただくのに大変なのではないかと二人で心配した。
平和ボケから脱出しているアメ通読者の方々。これからも他のメディアとかなり内容がことなりますが、これからもよろしくお願いいたします。

今はこのマオ
先生の家で原書を発見。
7000万人殺害の世界NO.1ジェノサイダー毛沢東。
スターリン、レーニンもできなかったギネスホルダー。
シナ人をもっとも殺し、苦しめたのは日本人でなくブッチギリでマオですなー。しかし、いまだシナでは英雄。
まあ、万人溝という言葉がある国ですからね。


皇室典範 [アメ通]

前号のアメ通で片岡先生は

 政治学者の私が、日本での秩序崩壊を巨視的・長期的な視野から観察すると、日本だけに欠けているものがエリートと宗教です。日本でこの二つを代表するのは天皇制です。そして天皇制の危機が日本の退廃と関係があると思います。

と、述べています。

皇室の危機が日本の危機です。

皇室典範は天皇ですら変えることができないものでした。
そして、それは天皇家の家法です。

それを、よくわかっていない「有識者」が勝手なことを言っているのです。サヨクにすれば、日本の歴史伝統を破壊する大チャンスだけに静かにすばやくやろうとしている。

小泉総理の政治力がすばらしいものがありますが、彼は靖国問題もそうであったように、知識がない。諸刃だ。女系と女性、そして男系の区別がよくついていないのではないだろうか?実際、国会議員でもかなりの人がわかっていない。一般の人でもどれだけわかっているだろうか?テレビにでるコメンテイターも、「憲法の建前が男女同権だから女帝も自然な流れだ」という低脳具合をさらけだしている。

3年ほど前、私がいっしょに伊勢参拝した、ゴリゴリの本物の右翼の人生の大先輩がいる。そのような方でも当時女系と女帝の区別がついておられなかった。今では言論誌では、女系と男系の区別についての論文があるからわかりやすい。私の周りでもやっと多くの人が男系でなければダメダと気づいてきた。
しかし、多くの議員や官僚はそんなことは知らないのだろう。

「昔、女帝がいたから、今でも女帝をつくるべき」くらいにしか思っていないようだ。男系保持のためのつなぎだったことなどまず知るまい。

とにかく、片岡先生のいっている通り日本から天皇の伝統をとったら、背骨がなくなってしまう。


日本の危機 [アメ通]

アメ通122で、日本の危機を報じています。

中国の至上命令は日米離間だ。

とある通り、中国人はやっぱり日本とアメリカを離したい。地政学的にも、どう考えてもそう考える。明治維新の日本が朝鮮半島から満州へ出たのと同じように自然な流れで、シナ人は世界最強国との同盟を持った国が隣国であるのは避けたい。

そのアメリカで日本の同盟国としての地位が危ない。日本がぐずぐずしているだけに、アジアの同盟国をどう考えるかという動きがでている。フォーリンアフェアーズの画像がこれだ。

こんな特集を組まれていることを、もっと多くの日本人が知るべきだ。警告を鳴らしているのはアメ通だけというのがなんとも悩ましい限りだ。


ブッシュのピンチ! [アメ通]

1日夜、片岡先生宅に行ってきました。

PCの具合が悪く、調査と執筆が出来なかったようでしたので調整してきました。

明日から発行されると思います。
アメ通のピンチは脱出しました。

現在、アメリカでは、ブッシュがピンチです。

これからもよろしくお願いいたします。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。