So-net無料ブログ作成
お知らせ ブログトップ

【リアリスト】片岡鉄哉 [お知らせ]

片岡先生しかできないこと

それは戦略論です。

日本ではリアリストという概念がありません。

分祀を唱えたのも、片岡先生がリアリストだからです。
分祀派はほどんどが媚中、拝中派、媚韓派です。彼等は論外です。
さて、分祀はサヨクの作った言葉で、御霊分け(みたまわけ)にあたるので実際は不可能です。

日本のアイデンティティは皇室と神社にあります。
国のために死んだ兵士を祭る靖国はだから重要です。

では、なぜそれでも分祀かというと、米中接近が日本にとって致命的だからなのです。
分祀はアメリカに気を使っての論なのです。
米中が組めば、台湾はとられ、日本は憲法改正、再軍備、核武装すべてパーです。
そうなると結局靖国神社は無くならざるをえなくなるというのです。
日英同盟の中、アメリカは日本から英国を取り上げた。
ドラエモン(核)抜きのノビタ(日本)はスネオ(中国)にジャイアン(アメリカ)をとられてはならないのです。


片岡先生が言っていました。
『「日本とアメリカ人はもうお互いに理解し会えることはないし、もう利害関係しかない」とアメリカの日米関係を良く知る知識人は思っているんだ」と。

どういうことかというと、日本人を原爆でジェノサイドしたことをやべーことしたと思っているようなのです。日本人に対してめちゃめちゃなことをしてしまった。この心のハザマを埋めることはできないと思っているようなのです。実際今でも日本人はアメリカに対してふてくされた態度の外交です。
また、それ以外のアメリカ知識人は日本人の事情なんかわかろうとしないのです。

例えば、朝鮮戦争やベトナムでいっしょに米兵とともに血を流していれば友好はあったかもしれないが、それがない。よほどの知日派でないと、なぞの民族なのだ。

だから、ブッシュにとにかく靖国に来てもらう。憲法改正にOKをもらう。OKをもらうといえばおかしな話だが、現実的に日米同盟を解消して憲法改正したらキケンです。情けないが、アメリカさんのOKあってのことだから。そしていっしょに血を流すしかないのでしょう。

真にアメリカと友情をつくれる状態にするしかないということなんでしょう。
今、戦争になったらアメリカ兵も日本人のために血を流すテンションがない以上、靖国をなんとかしないといけない。ブッシュは断ったんですから。

したがってこうなる。

①靖国論はアメリカに歩調をあわせて改憲再軍備までもっていく
②それとも時間はかかるが、日本の神道について説明をする

②の日本のサヨクも読まない神社の論文なんか、アメリカの重要なポストの人間が読むだろうか?前日に書いた「えひめ丸事件に見る日本の宗教観を広める問題について」を参考にして欲しい。

現実的に日本はどうすればいいかという点を片岡先生は書こうとしています。
片岡先生が言ったあの時点で分祀してればブッシュは・・・。

私も心情的に分祀は受け付けられません。しかし、どういった選択肢があるのかを考えたいひとはアメ通を読んでください。


 


激励ありがとうございます。 [お知らせ]

読者の方々から片岡先生への心配、激励をメールでいただいておりました。ありがとうございます。この場をかりてお礼申し上げます。

片岡先生の家には月に一度は行っていたのですが、入院前からは、週一とかで行っておりました。退院が早かったのは、回復が早かったからです。わたしが行ったら一週間前には管だらけの病人には見えないような回復振りでした。

出戻り入院したのは、退院後てんぷらを食って胃がびっくりしたからです。魚の煮物など作れないからなあといっておられました。

先週自宅に行った時にも回復基調でした。

 


「皇室典範改悪阻止!!1/14 日比谷野音 国民総決起集会」 [お知らせ]

「皇室典範改悪阻止!!日比谷野音 国民総決起集会」
日時 平成18年1月14日(土)
開場12時 開演13時 デモ出発14時30分
場所 日比谷野外音楽堂
(東京都千代田区日比谷公園1-3)

参加しましょう


民主党は売国奴か? [お知らせ]

友人からこういうサイトを知らされた。

民主党は売国奴で、沖縄を中国に献上しようとしているというのだ。

http://www.geocities.jp/japanguardian/

眠いながらに長いフラッシュを見た。ウラはとっていないのですが、自民党にもこう考える政治家はたくさんいるように思えるのであながちウソではなさそうです。

http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/50032281.html


質問募集! [お知らせ]

総選挙、ハリケーン、6カ国協議、中国外交、イラク問題、原油高騰など、この秋はとんでもないですね。解散選挙となってから、靖国からはじまって、本当に時局を追うのが大変です。毎日、何についてコメント書こうかと考えているうちに次のトピックがでてくるので情報を整理して見極めることが難しいですね。

片岡先生のアメリカ通信では、短期、中期、長期の分析がどんどん送られてくるので、時局が変われば、予測や分析もどんどん変更せざるをえませんが、みなさんもよく読み、以前いっていたことと違うなあとかつながりがわからなかったら、わからないことは質問コーナーhttp://www.tkataoka.com/opinion/goiken.htmlから送ってください。

内容としては、日米の大新聞の記者も読まれて参考にしているくらいのバリューがあります。

アメ通は学生でもわかるように、「よりわかりやすく」を目指しています。


ご意見を求めたことについて [お知らせ]

「日米関係を見ないと日本の政治はわからない」というのが前提で、そして、日米関係においてはアメ通は独壇場だと思っています。
片岡が政治学者なので、知識を前提に書くことがあり、難しい表現をしたりする場合があるので、時折、特に読者からの意見を求めるときがあります。特に、最近は若い読者の方もどんどん増えてきているのと、購読継続されている方ならわかるような話も含まれることがあるので、よりわかりやすくしていきたいとも考えております。

アメ通のアンケートに答えてくれた方々、それからこのブログにいつもいらっしてくださる方々ありがとうございます。これからも書き込みとそれから片岡への質問を受け付けています。

よりよいサービスを目指しています。国益にかなう方向をいっしょに考えましょう。


You'll Never Walk Alone! [お知らせ]

本日も、株は解散により悪材料出尽くしで買われました。

財界は小泉総理の郵政民営化、構造改革を支持しているようだ。
今後、流れとして亀井派が台頭したり、民主党が政権をとったらまた相場は崩れるだろうし、その兆候があれば、下がり始めるでしょう。

構造改革、守旧派潰しは日本にとっての急務です。これ以上公務員と守旧派による税金の垂れ流しは国の死を意味します。
再軍備、核武装も同じく急務で、今、まさに国難です。

小泉総理。「殺されてもいい」と言った総理は、まさに本物の政治家だ。
変人以上といわれようと我々は支持します。

ブッシュ大統領は選挙中で内政干渉で参拝できませんが、
小泉総理、15日は靖国でお会いしましょう。
マスコミで報道されているより多くの国民が総理を応援しています。

 

 


クライン孝子さんの日記より [お知らせ]

クライン孝子さんの日記に片岡先生の紹介がありました。

http://www2.diary.ne.jp/user/119209/

さて、アメリカのスタンフォード大学教授だった片岡鉄哉先生が発起人に就任されました。
片岡先生は、在米日本人として、日本の憲法改正とアメリカ大統領の
靖国神社参拝の実現のために尽力してこられた方で、以下のようなメッセージを寄せていただきました。
  
片岡鉄哉(元スタンフォード大学教授)
 [私はブッシュ大統領が、八月十五日に飛び入りで参拝すると賭けています。]

片岡先生はブッシュ政権の中枢メンバーとも親しく、もしブッシュ大統領が靖国神社にくるならば、それは、国際社会に大きなインパクトを与えることになりますし、何よりも、東京裁判史観払拭の大きな力となります。

しかも、現実の問題として、郵政解散の可能性が高くなってきており、
小泉首相も靖国神社に参拝する可能性が高くなって参りました。
当日は大変なことになりそうです<

 


月刊誌VOICE 3月号 に片岡鉄哉の寄稿あります。 [お知らせ]

現在発売中のVOICEに
「日中友好」の終わり?
仮想敵国になった中国 を掲載しています。
http://www.php.co.jp/magazine/voice/

このVIOCEにはニューヨークタイムズに紹介された、クリントンと橋龍の写真が載っています。
当時クリントンが足を痛めており、松葉杖をついていた。その手をあげると橋龍に杖がかかりそうになってよけようと頭を下げたシーンだ。
あくまでも日本のトップが会談に訪米しているときのこのハプニングの写真をわざわざ表示するタイムズの悪意、日本への蔑視具合が読み取れるものとして、ぜひ手にとって見て欲しい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
お知らせ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。