So-net無料ブログ作成

宮沢喜一逝く [新聞より]

護憲派宮沢喜一が逝った。
小泉が無理矢理中曽根と同時に老害として引退させたあとはやせ細っていた。

近隣諸国条項をつくった男だ。
どの国も自分の国の教科書は自国でつくるが、日本だけは近隣諸国に配慮しなければならいというものだ。
北朝鮮、韓国、中国の教科書を見たことあるのか?と言いたかったがもういない。
どこも国定教科書だ。日本は左翼教科書がほとんどという中でも検定制度でその後選択できるという制度だというのに。
教科書だけでなく、改憲も中国が許さないからなんていっていたくらいだ。

特定アジアに媚びているし、反米的であるかと思うと娘?はアメリカ政府高官と結婚しているという。
とにかく日本を強くしたくない。
とにかく日本を弱体化したいという政策にめっぽう熱心だった。

天安門の後にシナに天皇陛下を訪問させてしまった。
これはシナからしたら朝貢と受取らせた。このときから謝罪外交は始まった。

リーダーシップ不足で不信任案で解散、自民党を分裂させた。

師匠筋の吉田茂は、憲法改正をすべきだったことに後悔をして逝ったのだが、側近だったにもかかわらず、似たところは米国への恨みのみ抱いていた。
小渕内閣では平成の高橋是清とおだてられたが、以前より金利政策も下手だったので常に宮沢が舵取ったときのインタビューの後はお決まりのごとく株価は失望売りで下落した。
株式市場からはあれほど人気のない政治家はいなかった。

さて、決定的な売国行為と思想のなさ、政策見通しの悪さ、経済政策の下手さ、政治家としてのあらゆる失策があったと思うが、どうしてこうも宮沢が政治の中心的立場にいられたのだろうかとずっと思っていた。

最近はやっとまだまだこうした宮沢のような人間を支えている敗戦利得者が多数、永田町、霞ヶ関、マスコミにいるってことだ。



北京オリンピックを支援する議員の会 [新聞より]

北京オリンピックを支援する議員の会

こんなのがあるなんて知らなかった。
そうそうたる眉中派が中心で、傭兵だけに、先頭切って取り入ろうと必死だ。
日本からシナに血税を払って、中共からおぼえめでたく恩をもらうのを生業とした、チャイナ・ロビーと化した議員が中心だが、

”オリンピックは、スポーツの祭典なんだから、政治家としてそれを支持しないなんて、
合コンで子犬って嫌いなんだよねっていうようなもんだ。”
くらいにしか思っていないノンポリ議員さんたちもたくさん入会してしまっているようだ。
スポーツや動物を否定すると好感度が下がるからくらいに思って、何も考えず無条件に参加したんだろう。
半数近くの議員で、200人以上だからね。

スポーツを通じた親善の前に、シナに何を支援するっていうんだろう。

”次に東京でオリンピックやりたいのなら、日本はカネと技術をだして北京を応援するアルヨ”
と王毅に言われて、それも高度な政治の駆け引きとでも思っているのか。
日韓ワールドカップみたいにスタジアムも作らされるのがオチだ。
何度やってあげても感謝されないってことをまだわかっていないようだ。
またしても、思う存分血税を垂れ流すことだろう。

役員名簿は笑う。
額賀、中川以外はモロ。名簿みるまでもない、あまりにも露骨だ。

北京オリンピックを支援する議員の会--------------------------------------
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

北京オリンピックを支援する議員の会(ぺきんおりんぴっくをしえんするぎいんのかい)とは日本の国会議員が集まって、北京オリンピックを支援する会のことである。

北京オリンピックの支援を目的とする超党派の議員連盟である。

歴史

2007年2月20日に発起人会が開かれ、発起人会会長に河野洋平衆院議長、同幹事長に野田毅元自治相が選出された。 2007年3月26日に王毅駐日中国大使を招いた41人出席の設立総会が開かれ、河野洋平衆院議長が会長に、福田康夫元官房長官が副会長に、野田毅元自治相が幹事長に、中川秀直自民党幹事長・鳩山由紀夫民主党幹事長が会長代理に、それぞれ選出された。

役職および会員の国会議員

会長
* 河野洋平衆院議長(自由民主党・党籍離脱中 衆議院・神奈川17区)

副会長
* 福田康夫元官房長官(自由民主党 衆議院・群馬4区)

幹事長
* 野田毅元自治相(自由民主党 衆議院・熊本2区)

会長代理
* 中川秀直自由民主党幹事長(衆議院・広島4区)
* 鳩山由紀夫民主党幹事長(衆議院・北海道9区)

自由民主党
* 古賀誠元幹事長(衆議院・福岡7区)
* 二階俊博国対委員長(衆議院・和歌山3区)
* 加藤紘一元幹事長(衆議院・山形3区)
* 山崎拓元幹事長(衆議院・福岡2区)
* 青木幹雄参院議員会長(参議院・島根)
* 谷垣禎一前財務相(衆議院・京都5区)
* 額賀福志郎前防衛庁長官(衆議院・茨城2区)

公明党
* 北側一雄幹事長(衆議院・大阪16区)

その他225人の衆参両院の議員が会に参加している。
---------------------------------------------------------------


NYで初の「ジャパンデー」 [新聞より]


ジャパンデーがあったようです。
シナは莫大な予算をばらまいてアメリカでプロ・チャイナを増やしているので日本人もこういう活動は必要です。
しかし、シナはそれなりの意図でやっているので対抗するには、単なる紹介とか親睦程度では、まだまだ足りません。
日本のアホな議員や外務省も抱き込まれていますが、米国でも例外ではありません。
親シナ議員を作り、ハニートラップ、マネートラップで、国務省役人はもうシナびいきばかりとのことです。

http://www.asahi.com/international/update/0604/TKY200706040406.html?ref=rss
獅子舞・牛丼・コスプレも NYで初の「ジャパンデー」

2007年06月05日08時02分

 ニューヨーク市民の憩いの場、セントラルパークで3日、日系企業などが主催する初の「ジャパンデー」が開かれた。市内在住の日本人ら1万人以上が訪れ、一足早い夏祭りを満喫した。

写真セントラルパークで開かれた「ジャパンデー」にはみこしも登場

 獅子舞や花笠踊りといった伝統芸能から、アニメの登場人物になりきる「コスプレショー」まで、日本文化の「昔と今」を紹介するのが狙い。飛び入りでみこしを担ぐ地元っ子も登場し、会場を沸かせていた。

 中でも盛況だったのが、日本食コーナー。無料ですしや牛丼が楽しめるとあり、待ち時間が30分を超える列が次々にできた。


安倍総理訪米と慰安婦問題の行方 [新聞より]


http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/seiron/070514/srn070514000.htm

【正論】元駐タイ大使・岡崎久彦 安倍総理訪米と慰安婦問題の行方

元駐タイ大使 岡崎久彦

 ■「南京」など歴史問題含め成果あった

 ≪日米関係への悪影響回避≫

 米議会における慰安婦問題審議の成り行きはまだ不明だが、今回の安倍総理訪米の結果、それが日米関係に及ぼす悪影響はほぼ回避できた。

 ここに至るまでの経緯をもう一度振り返ってみたい。まず当初、日米の政策通が一致していたのは、なるべく問題を小さく扱うことであった。決議案はもともと可決されても法的効果はない。議員の選挙区向けのパフォーマンスに過ぎない。騒いでは問題を大きくさせるだけである。

 この戦略は忽(たちま)ちに挫折した。国会で野党が総理に質問すれば総理は答えざるを得ず、ただちに外電がこれを全米に報道したからである。

 アメリカではすべての主要メディアがこれを取り上げた。その間、安倍総理は2つの点を言明し続けた。それは河野談話の謝罪を継承することと狭義の強制連行には証拠がないことである。知的な正直さ(インテグリティー)を曲げない限りこれ以外の発言はあり得なかった。

 ところが、それに対するアメリカの論調は予想を超えた激しさであった。通常、公正客観的であり、日本に好意的なメディアまでが、日本が20万のアジア女性を強制して性奴隷としたというような荒唐無稽(むけい)な話を引用したり、安倍総理の言っていることは、被害を訴える女性たちを売春婦か嘘(うそ)つきだと言うに等しいとか言って、もはや議論を受け付けない状況となった。

 ≪人権問題は時間を超える≫

 この状況は当初、日本では理解できなかった。中国の強力な反日プロパガンダの手が回っているのではないか、という憶測も流れた。しかし、次第に事情が分かってきた。これは全米の有権者の3分の1に近いといわれるエバンジェリカル(福音伝道派)が絶対的に主張する人権問題なのである。強制の有無などは問題ではない。慰安婦制度そのものが悪なのである。そして米国内では新聞を含めて何人もこれに抵抗できない。

 人権問題は過去と現在を区別しない。しかも時代は変わっている。国連平和維持活動(PKO)の兵士たちの買春は処罰の対象となる時代である。PKOの兵士が、相手は強制された女性でないと言っても、他の軍はやっていると言っても何の意味もない。弁解がましいとして印象を悪くするだけである。

 また、河野談話を継承するなどと言っても、アメリカ人は河野談話の何たるかを知らないのだから、逆にどこか逃げの布石を打っているように感じられてしまう。総理自身の言葉で謝ったほうが良い。狭義の強制について質問されれば嘘は言えないが、そもそもそんなことは問題の中心ではない。言ってもその直後に、慰安婦制度を持ったことは女性の尊厳を傷つける人権無視の行動として謝罪すればそれで良いのである。

 ≪問題の黒白でなく常識で≫

 特に良かったのは「20世紀は人権を無視した時代であり、日本にも責任がある。同情の意と謝罪の念を表明する」という総理発言である。

 戦争の悪一般を論じ、ドイツの責任も認めつつも、ドイツ人も犠牲者だったと言っているワイツゼッカー発言を彷彿(ほうふつ)とさせる含蓄がある。また、日本では気づかないが、これを聞いた米国人は1960年代の公民権運動前の黒人に対する人権侵害を想起して粛然とするという。

 アメリカの政府も議会指導者も日本の釈明を受けいれた。議会の決議案審議の結果如何に関わらず、この問題は今後の日米問題から遠ざかっていっている。南京事件70周年を迎え、今後も歴史問題で曲折がありそうなこの年において大きな意味のある訪米の成果であったと思う。

 今でもなお、謝罪は旧日本軍、ひいては国家としての日本の名誉を傷つけるものとして釈然としない人々は、強制の有無を問題にして事実を徹底調査して問題の黒白を付けることを主張している。

 私はそれは無用のことと思う。常識で考えれば良いことだからである。

 すべて需要と供給の原則による。供給のほうが大きければそもそも強制の必要は生まれない。また、供給は報酬の関数であり、十分な報酬によって供給は確保された。この点の資料さえしっかりしていれば良いのである。敗戦で無に帰したケースもあろうが、無事に帰ればそれぞれ自前の店を持つぐらいの資産を貯められた。戦場だから例外的なケースはあったろうが、それは日本軍刑法違反で処罰されるべき行為であった。

 その上でも、慰安婦制度が女性の尊厳を傷つける人権違反の行為であったことに謝罪するのが正しいというのが昨今の道徳的基準である。

 (おかざき ひさひこ)

(2007/05/14 06:15)
上記はサンケイから-----------------------------------------------

>人権問題は過去と現在を区別しない。しかも時代は変わっている。
岡崎氏の言うとおり、世界的に人権問題を蒸し返しているようだ。
黒人問題なんかもあるから一緒くたになっているのだろう。

蒸し返していいのなら、パリ(ベルサイユ)講和会議で日本が人種差別撤廃を主張した反対したが、
アメリカのウィルソンなんかどーなんだといいたいね。

多数決でほぼ決まりかけていたのを全会一致じゃないといけないといって、そのままアメリカは
反対し廃案にした。
当時にもどろうと、、戻るまいとウィルソンの動きは罪深い。


年金が紛失 [新聞より]

首相、年金記録漏れの救済表明・社保庁法案、衆院可決

 安倍晋三首相は25日午後の衆院厚生労働委員会に出席し、社会保険庁の公的年金保険料の納付記録5000万件の対象者が不明になっている問題で、年金の支払い漏れが判明した場合に過去5年の時効を適用せず、不足分を全額補償する救済策を特別立法で講じる方針を表明した。記録の再調査も実施する。同委は与党側が社会保険庁改革法案の採決に踏み切り、賛成多数で可決された。

 首相は同委の質疑で「国民の不安を解消するため全力を尽くす。救済のための特別立法を政府・与党一体となって努力したい」と表明。「消えた年金」問題に万全の対策を講じる姿勢を強調した。

 首相発言を踏まえ、政府・与党は具体策に着手する。政府はまず年金受給者約3000万人の記録について優先的に再調査を実施。対象者不明の記録に該当する可能性があれば、確認を求める通知で注意喚起する。5年の時効を撤廃する法案を秋の臨時国会に議員立法で提出、支払い漏れを全額受け取れるようにする。 (23:48)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20070525AS3S2501U25052007.html

上記はニッケイネットより----------------------------------------

払った年金の履歴がない人は、もらえない。

これだけの信任を裏切った社会保険庁をそのままにできない。解体する。
というのが与党。

野党は、公務員たちの責任問題よりも与党の責任。
その責任追及しないと年金受給者の救済にならないと主張。

だが、データがないんだからどうやっても救済は困難だ。
20年前の領収書を持っているヤツなんかいないからね。
銀行引落しにしていても、通帳が残っているかもあやしいもんだ。

とりあえずわかることは国を頼りに年金を納めた人間が損をしてしまったということだ。


慰安婦問題、好転か [新聞より]

http://www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&page=5&nid=2967186

慰安婦「契約の下で雇用」 米陸軍報告書、大戦時に作成
2007年5月18日(金)03:34

 【ワシントン=古森義久】日本軍の慰安婦に関して戦時中に調査に当たった米国陸軍の報告書に女性たちは民間業者に「一定の契約条件の下に雇用されていた」と明記されていることが判明した。同報告書は「日本軍による女性の組織的な強制徴用」という現在の米側一部の非難とはまったく異なる当時の認識を明示した。

慰安婦「契約の下で雇用」 米陸軍報告書、大戦時に作成

.
http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070518/usa070518002.htm
 【ワシントン=古森義久】日本軍の慰安婦に関して戦時中に調査に当たった米国陸軍の報告書に女性たちは民間業者に「一定の契約条件の下に雇用されていた」と明記されていることが判明した。同報告書は「日本軍による女性の組織的な強制徴用」という現在の米側一部の非難とはまったく異なる当時の認識を明示した。

------------------------------------------
上記のような動きからから、下院での決議が延期されるようだ。
日本有利に流れているが、米国で慰安婦の強制はなかったと決着がついたら、河野洋平はどうするのだろうか?


「最良の観光客」は日本人、最悪は仏・英社が“認定” [新聞より]

「最良の観光客」は日本人、最悪は仏・英社が“認定”

 【ロンドン23日共同】オンライン予約専門の英大手旅行業者が23日に発表した調査結果で、日本人が「世界最良の観光客」と“認定”された。「礼儀正しさと整然とした様子」などが総合的に評価されたという。PA通信が伝えた。

 一方、全体で「最悪」とされたのはフランス人。フランス語に固執、現地語を話そうとしない態度などが「無礼」で「寛大さが欠如している」とされた。

 調査は、欧州のホテル経営者ら約1万5000人が対象。日本人は「態度、行動」でも評価されたほか「もの静か」と判定され、総合でトップ。後は米国人、スイス人の順。最悪ランキングではフランス人、インド人、中国人、ロシア人と続いた。

 個別評価では、服装でイタリア、フランス、スペインの観光客が「ベストドレッサー」、米国人と英国人がワーストと判断された。また「最も騒がしい」のはイタリア人観光客だった。
http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/eigyo/index.cfm?i=2007052303147b6

上記はニッケイネットより---------------------------------------------
日本人観光客は相変わらずマナーがいいようだ。
今年は結構スノボーに行ったんだが、リフト待ちで強引な割り込みをするフランス人家族の印象が残っている。
子供合わせて四人に割り込まれるのはむかついたので軽くエルボーで封じようとしたが、スキーのストックを前に入れてきたので通さざるをえなかった。
さすがに強引だと自分でも思ったのだろう。「パルドン」!といっていた。
日本語で謝れって思ったのだが、その結果が今回のアンケート結果にもでているようだ。
ちなみに中国人も韓国人もスキー場のホテル・レストランでうるさく感じるのは、万国共通で気のせいではない。


東條英機元首相の孫 由布子女史、参院選出馬へ [新聞より]

少し前のニュースだが、無所属で出馬された。

東條由布子さんは旧日本軍が敗戦のまま南の島に残した遺骨を回収し慰霊している。
パラオなどの、実際の戦地へ行っているのだ。

映画「硫黄島からの手紙」を見られた方は多いと思う。
あの硫黄島にはまだたくさんの兵士の遺骨が残っている。
島を占領した米軍は日本本土を爆撃するために、死体の上からアスファルトを流し込み、滑走路をつくって飛行機を飛ばした。
なんと自衛隊がそのままつかっている今の滑走路は、それそのもの、まんまなのだ。
硫黄島はもう日本の領土なのに・・・。

硫黄島だけでなく、南の島にはたくさんの日本兵の遺骨がある。
本来ならば、国が、国家事業としてその慰霊をすべきなのだ。
それを東條さんはNPOでやっている。
私はその活動の話を聞かせていただいて写真も見せていただいた。
経済発展しても遺骨をそのままにしているなんて、本当に情けない国だ。と思ったね。

今回の出馬は無所属だから厳しいだろう。
それでも出るのは国を守って戦った兵士の慰霊もできない国家に対しての怒りなのだろう。

今後日本人は国を守るために戦って死んでも家族の元に戻れないのだとなると、戦えるのだろうか。
実際に今、家族と国を守るという概念は日本人には希薄になってしまった。
オリンピックが終わったら自信をつけたシナが、これから10年以内に台湾併合の夢を見ないわけがない。
台湾海峡はこれからが一番危険なのだ。

朝鮮半島はもう懲りた。そこがシナになってもあれだけ反日なんだからある意味しょうがない。
半島の民族はその時日本人の寛容さを感じるだろう。
しかし、台湾だけは渡してはいけない。
それだけに東條さんの主張は大きい。






慰安婦問題で村山、河野訴えられる [新聞より]

慰安婦問題で村山、河野訴えられる

石川県で建設会社を営む諸橋茂一氏は、所謂従軍慰安婦問題で、三月二十九日に村山富市元首相を、四月二十六日に河野洋平衆院議長を東京地裁に告訴した。

村山に対する請求の趣旨は次の通り。

村山が「女性のためのアジア平和国民基金」理事長として、二百八十五名の元慰安婦に、五億六千五百万円を支払ったとのことだが、その為に同基金の人件費及び事務諸経費として、国費を五十億円も使っている。同基金の設立根拠は「河野談話」にあるが、河野談話の根拠は早い時期に崩れている。従って、「国費を濫用したことに対し、百六十万円を四月未迄に、国庫に返納することを要求する」というもの。

河野氏に対しては、更に、「国民に謝罪を」 「『河野談話』を白紙撤回を」との要求が追加されている。
(上記は国民新聞より)

こんなニュースがあるのを知らなかった。裁判のゆくえを知りたい。


江の傭兵,再び [新聞より]

「戦争指導者の責任明確に」 河野衆院議長、追悼の辞
 
 河野洋平衆院議長は15日、全国戦没者追悼式の追悼の辞で、「新生日本の『目覚め』を信じ、犠牲を受け入れた若い有為な人材たちに思いを馳せるときに、戦争を主導した当時の指導者たちの責任をあいまいにしてはならない」と述べ、いわゆる「A級戦犯」など戦争指導者の責任を追及する姿勢を示した。
 A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社を参拝した小泉純一郎首相を暗に批判したものだ。

 河野氏は追悼の辞で「軍民の別を問わず、内外の別を問わず、戦火に倒れたすべての方々の御霊に哀悼の言葉を申し上げる」と述べ、国内の戦没者のみならず他国の犠牲者も追悼する姿勢を強調した。

http://www.sankei.co.jp/news/060815/sei051.htm


江(沢民)の傭兵といわれる、河野洋平。こんなことをしでかしていたのか。
遺族を前に平気でいうとは、失礼極まりない奴だ。
また、日本人を逆なでし、中共のためにポイントを稼ぎました。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。