So-net無料ブログ作成
解説というほどでもないが・・ ブログトップ

敗戦利得者誕生の秘密 [解説というほどでもないが・・]

敗戦利得者

戦前の日米の大恐慌が悲惨だったから、資本主義に自信を失ってしまい、
社会主義国家だからソ連には大恐慌がないと勘違いし、天国と思っていた低い見識の人が日米にいた。(実際のソ連は万年大恐慌に陥り崩壊。北朝鮮も間近。)

  ↓

そんな中、大東亜戦争での日本の敗戦
  ↓

アメリカ、占領軍の公職追放、思想検閲が行われる

占領軍でも左翼で、コミンテルンと近かった
  民政局次長のチャールズ・ケーディスと
  その右腕であったハーバート・ノーマン(コミンテルンとの繋がりが明らかとなりのち自殺)
マッカーサー司令部に、左寄りでスターリンの手下のようなソ連礼賛者は多数。(近年その文書がでてきた。)

  ↓

日本に痛い目にあわされて復讐に燃え、日本をを弱体化したいマッカーサーと、
日本を共産主義化したい日米の勢力に日本は動かされる。

 ↓

日本人でも自分のライバルを公職追放令をつかって実権を握る輩がでる。

主流だった人が公職追放されたことによって浮かび上がってきた人、その後継者や養成された弟子。
東大の法学部教授からマスコミの知識人たちが敗戦利得者となる。

 ↓

敗戦利得者は、戦前の日本のいいとろこを認めたら、自分たちの立場がないので認めない。
日本の戦前の良さは認めず、作り話でもいいから悪い伝説を残そうとする。

そのため、歴史を日本罪悪論で見て、全体主義的思想もあるため、
資本主義、経済的に成功している人へのひがみがある。

今では敗戦利得者たちの影響から2次災害的に、日本罪悪論を刷り込まれた世代が主流になりつつある。
  ↓
TV、新聞を読んでもつまらない記事の横行。
祖先を尊敬しないから、人として尊敬できない知識人が増える。
日本弱体化のために海外勢力に呼応、媚びる。
  ↓
敗戦利得者をパージしない限り日本弱体化は進む。


竹島問題で再軍備を考える [解説というほどでもないが・・]

竹島問題に見る再軍備の重要性

日本国内での一般の裁判について考えます。
例えばAさんが、Bさんを訴えるとします。Aさんから裁判所を通してBさんに訴状を出します。訴状を受け取ったBさんは指定の日に裁判所に行かなくてはなりません。行かなかったらどうなるか?
Aさんの勝ちで言い分が通ってしまいます。
当たり前の話ですよね。これ。

しかし、竹島問題は二国間問題です。国際裁判所へ日本は訴えるといっても韓国が応じてくれない。応じてくれないと裁判にならないのが国際裁判なのです。
何も進展しません。

次にフォークランド紛争について比較します。フォークランド諸島をめぐる英・アルゼンチン間の主権戦争がありました。Falkland Islands War または、 Falklands Conflictで、戦争(WAR)より紛争という言葉の方がソフトだから日本ではフォークランド紛争として紹介されています。が、あればバリバリの戦争です。

1982年、アルゼンチンの民間業者が同島に国旗を掲げ、英国政府に退去させられたことをきっかけに、アルゼンチン軍が進攻しました。アルゼンチンに近く、どこやねんというくらいイギリスから遠い南米です。が、イギリスは対抗して戦争に突入しました。遠方のこの離れ小島であろうとも領土であれば応戦するのが普通の国家。英・サッチャー首相は鉄の女と言われていましたが、この場面も見事なほど断固として戦い勝利しました。

しかし、竹島問題についてこれまで自民党とくに橋本派は事なかれ主義のとんだオカマ野郎という状態でしたね。竹島が日本のものということを知らないのか、知っていて見過ごしてきた売国奴なのか?答えは知っていて見過ごした売国奴だと思いますが・・・。

領土が侵害されたら、裁判に訴える。しかし、解決しないならやはり軍事衝突は避けられない。普通の国はこうでしょう。軍事と外交がセットにならないと交渉はできない。交渉が決別なら戦争という選択肢が必要なのです。
アルゼンチンとイギリス間では未だに交渉は続いているようですが、アルゼンチン国民の不満の発散はマラドーナの神の手ゴールにとどめるくらいだ。


女性で黒人の大統領はあるか? [解説というほどでもないが・・]

 コンドリーザ・ライス国務長官が話題になっている。
ライスの前職は大統領補佐官で国家安全保障問題担当であった。
国務長官とは日本でいうところの外務大臣のことである。
アメリカでは国務で日本では外務。うーん。奴らにとっては外交は国務ってことか?
まあ、外務大臣ってんだから本当に重職であることには変わりない。

さて、そのライスが大統領候補(の候補)とうのはドエライことである。
民主党はヒラリー・クリントンを候補とするだろうといわれている。初の女性大統領になるということで話題はビッグだ。
ブッシュが二期やった共和党にチャンスがあるとしたらヒラリーにかなうキャラが必要となる。
ライスは女性で黒人なのだ。(で、ヒラリーのように整形もしていない)。
ここがスゲーポイントだ。キリスト教原理主義の票も開拓したばかりなのに、女性票、黒人票、ヒスパニック票を民主党から取り上げることができるのだ。

今年のアカデミーショーの司会を務めたクリス・ロックという黒人をご存知でしょうか?
ブッシュ政権の一期目の国務長官はご存知パウエルで、黒人であった。そのため話題沸騰。
ジャマイカ奴隷の系譜の男が国務長官まで登りつめた。
しかし、クリス・ロックの当時の笑いのネタではこうであった。
「パウエルは国務長官だが、副大統領にはなれない。
なぜかって?アメリカ中の黒人がブッシュを暗殺するからだ。誰もやらなきゃ俺がやる」

そう、大統領が死ぬと自動的に副大統領が昇格する。
副大統領に黒人がなれるわけにはいかないというのが白人も黒人も思っていたのだ。
ネタだったのだ。それがどうだ?一足飛びに大統領候補だっていうんだから。
知能指数200あると噂されるライスが歴史を変えるか?


解説というほどでもないが・・ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。