So-net無料ブログ作成

田原総一郎には引退して欲しい [TV]


サンデープロジェクトで、田原総一郎と岡本行夫(総理大臣補佐官)が中国の論客と論戦するという企画をやっていた。香港でやって中国4億人が見たという番組(90分)を30分放送していた。

ショボイ! 

だいたい田原が「日本人は全員、先の戦争を反省している」「中国やアジアの国々にめいわくをかけた」とさんざん言いまくっているのだ。まあ、総理がなんども謝罪しているだけに日本人がそう思っているといってもいいかもしれないことになるのだが、岡本はじめ、ああいう中途半端な隠れサヨクが日本を代表した知性として出られると本当に迷惑だ。

最低でもこういう切り替えしをしてほしいものだ。

日本はいつまで謝罪をしなくてはならないのか?
謝罪しらたその後どれくらいの金できれいさっぱりするのか?
これまでの日本のODAの貢献を中国国民に知らせていないのに、これ以上お金を払っても国民に届かないので反日感情は緩和しない。それなら払ってもムダでしょ。
日中戦争は60年前だが、元寇について謝ってもらっていない。
元がモンゴルであって、中国でないのなら、現在モンゴルとチベットに侵略していることについては、謝罪と撤退をすべきではないか?60年前の日本はあやまっているのに、現在のあなた方は侵略した帝国主義ではないか?
モンゴルも中国であるというのなら、元寇を謝ってもらいたい。
ちなみに、角栄のやった条約ですべて片がついているではないか?
日本は60年間戦争していないが、中国はずっと国境沿いでしているではないか?どちらが侵略国でアジアでの軍事的脅威とお考えか?


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 1

osawa@raos

田原は若い頃はATG映画を撮っていたんですね、桃井かおりがデビューした映画が田原の監督だったかな。「もう頬杖はつかない」とかいう女子大生の卒論が原作でした。おもしろかったですね。その後はテレビ東京で教育評論家だったんですが、いつの間にか政治評論家になりましたね。
本は全然おもしろくもなんともないのにな~、へんなやつ。。。。
by osawa@raos (2005-08-25 00:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。