So-net無料ブログ作成

ブッシュのピンチ! [アメ通]

1日夜、片岡先生宅に行ってきました。

PCの具合が悪く、調査と執筆が出来なかったようでしたので調整してきました。

明日から発行されると思います。
アメ通のピンチは脱出しました。

現在、アメリカでは、ブッシュがピンチです。

これからもよろしくお願いいたします。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

日本万歳

>アメ通のピンチは脱出しました。

それは喜ばしいことです。

しかしながら、アメ通有料版122号を読みましたが、その内容には戦慄を覚えました。日本の常任理事国入り問題でも、米中に反対され、挫折したのは記憶に新しいところですが、さらに改憲・核武装阻止で共闘されてはもう日本は終わりだと思います。

唯一の希望は民主党代表に改憲賛成・日米同盟堅持の前原氏が代表になったぐらいですかね。もちろん、一気にはいかないでしょうが、私なんぞは「次の参議院選挙で自民過半数の議席を取れれば、早く中国・韓国の手先となっている公明党との連立を解消し、改憲作業の第1歩を踏み出すべきだ」と思っています。

護憲派と言う人達はどうも倒錯した嗜好の持ち主であると思います。福島・志位などに代表される人たちは、米国の外交・安保政策への批判は一生懸命やるくせに、米国に押し頂いた憲法は1字も変えずに守りましょう、日米の軍備は悪で、中国・北朝鮮・韓国の軍備は善だというのは一体どういう神経なのか、理解に苦しむ所です。
by 日本万歳 (2005-10-02 19:40) 

日本万歳

どうもです。

これは左巻き毎日新聞の世論調査ですから、少し冷めてみる必要があるとは思いますが、護憲派は必死ですね。

<憲法世論調査>9条改正「反対」は62%
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051005-00000009-mai-pol

やはり、日本人はどこかから攻撃されないと、目覚めないのでしょうね。日教組の教育の毒がかなり回ってると思います。憲法改正は日本が真の主権国家になるために絶対必要です。果たして、片岡先生はこの結果をどうご覧になるのでしょうか?

こんなことでは、日本は共産中国の手下になりそうな気がして、大変気が重いです。まあ、でも徐々にではありますが、日本人も変わってきてますからね。映画の出来はいまいちだったとはいえ、「亡国のイージス」も全国公開されて、結構客を集めたと聞きますしね。これって、1990年代前半には考えられなかったですよ。だから、まだ希望は捨てません。

もしかしたら、以前にも言ったかもしれませんが、以下の作品の出来が良いものであることを切に祈っている毎日であります。

男たちの大和/YAMATO
http://www.yamato-movie.jp/index.htm

私の独断的判定では、作品の出来のよさで言えば、

ローレライ>戦国自衛隊1549>>>>>>>>亡国のイージス

という感じであります。あくまでも独断的ですが....

最後にハリウッドがまた「いかにもハリウッド戦争映画!」を作ったみたいです。今週末公開みたいですけどね。あまり米国での評判は良くなかったみたいですが、梅太郎さまがご関心があれば、ご覧になってはいかがでしょうか?

前田有一の超映画批評
『ステルス』70点(100点満点中)
http://movie.maeda-y.com/movie/00609.htm

&&&&&&&&以下引用開始&&&&&&&&
---前略---
最新鋭無人ステルス戦闘機の活躍(?)を描いた軍事アクション超大作。こいつはスゴイ映画ですよ。

舞台は近未来のアメリカ。主人公は、テロ対策チームとして選ばれた最精鋭のパイロット3名。それぞれ新型ステルス戦闘機を与えられ、任務に就こうかというとき、4人目の仲間として最新鋭無人ステルス戦闘機が加わった。人間パイロットの肉体の限界を軽く超えた運動性能、恐れを知らぬ人工知能──あまりに異質、そして優秀な"彼"の加入に戸惑う3人だったが……。

---中略---

何しろこいつらときたら、その任務からして異常。テロ対策と称して、テロリストのいるビルまで飛んでいって、何の警告もなしにビルごと吹き飛ばすのが仕事なのである。もちろんそのアジトは外国だが、見たところその国のしかるべき筋に事前連絡等している気配はない。ようするに、他国に無断で侵入して、勝手に爆撃して帰るのである(ステルス機は敵のレーダーに映らない)。毎晩そんな事をやっている。

---中略---

挙句の果てには北朝鮮で戦争までおっ始める始末で、しかもそうしたエピソードを「仲間を見捨てぬ人道的なアメリカ軍」的な美談に仕立ててある。クライマックスでは星条旗が誇らしくなびき、感動物語になっている。冗談じゃない、一番迷惑なのはキミたち3人(と1機)だ。世界平和のため、真っ先に落ちて死んでくれ。

---以下略---

&&&&&&&&引用終了&&&&&&&&

>北朝鮮で戦争までおっ始める始末で、

なんか、ここまでやってくれると、大爆笑する目的で見たくなったのは私だけでしょうか?

長文失礼しました。では。
 
by 日本万歳 (2005-10-05 18:30) 

カワタ

<憲法世論調査>9条改正「反対」は62%

ある面仕方がないのかなとも思います。
本来なら国民の映し鏡たる首相がリーダーシップを発揮して議論を先導していくべきなのに、現在の大将である小泉首相が日和まくりなのですから。

ところで話は変わりますが、以前アメ通で「至純」の話がありました。思うのですが例えば村山元首相なんかも知覧特攻隊の遺書を素直に読めば涙くらい流すのではないでしょうか?僕はそうだとしても驚きません。村山がそこまで深く考えて左翼をやってるようにも見えないからです。
週刊誌がネタですが以前靖国参拝で加藤鉱一に意見された小泉首相は加藤にも「知覧に行って特攻隊の話を聞いてくればいい。涙せずにはいられない」と言っていたそうです。小泉からすれば加藤にも理解できる程度の話でしかないのでしょう。

ですから「至純」をもって小泉首相の愛国心を信じることはできないと思います。
by カワタ (2005-10-07 18:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。