So-net無料ブログ作成

日本がアメリカをテコに中国とどう対峙するか-これが焦点 [アメ通]

夕方片岡先生宅におじゃました。
日本のメディアとアメ通の内容にあまりにも差があることについて話し合った。

アメ通はもっぱら
「日本がアメリカをテコに中国とどう対峙するか」
これが焦点です。
中国のガス田開発に対してタカ派中川一郎は外され二階です。今は、中国のいいなりにまた逆戻り調です。米中日の三角関係の中奮闘する小泉。その舞台裏を配信してます。

しかし、他のメディアは、メール問題。
このギャップに読者もついてきていただくのに大変なのではないかと二人で心配した。
平和ボケから脱出しているアメ通読者の方々。これからも他のメディアとかなり内容がことなりますが、これからもよろしくお願いいたします。

今はこのマオ
先生の家で原書を発見。
7000万人殺害の世界NO.1ジェノサイダー毛沢東。
スターリン、レーニンもできなかったギネスホルダー。
シナ人をもっとも殺し、苦しめたのは日本人でなくブッチギリでマオですなー。しかし、いまだシナでは英雄。
まあ、万人溝という言葉がある国ですからね。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

象山

4月も25日になってまだ一つも書き込みが無い、お忙しい状況と思います。

片岡先生の記事は日本内閣のことや、中国、アメリカのことが
話題の中心ですが、もしかすると、日本、アメリカ、中国が
近いうち無くなってしまうことは御存知でしょうか?
片岡先生のことですからその辺ぬかり無いとは思いますが、
もしかしたらと思い、コメントしました。
by 象山 (2006-04-25 08:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。