So-net無料ブログ作成

シナ論・日高義樹・中国の戦略 [本から]

日高義樹氏の「日米は中国の覇権主義とどう戦うか」

ハドソン研究所のコンスタンティン・メンゲス博士の報告書「中国、高まりつつある脅威」のなかで

「中国はアジアからアメリカ軍を撤退させるために、日米安保条約の無力化をはかっている。このままいけば、太平洋におけるアメリカ軍の立場はますます弱くなる」とあるのを紹介してます。

中国のアジア極東戦略の基本は、日本とアメリカの軍事協力体制を崩壊させることなのである。日米安保条約がなくなり、日本が経済だけの大国になれば、中国は名実ともにアジア最強の国となり、スーパーパワーとしての地位を確立することになる。

アメ通でこれは、何度も指摘している。片岡先生も国民に「どうかこのシンプルな理論を理解して欲しい」といっている。アメリカ嫌いはあったとしてもそれは、黙っておこう。今は、中国がアメリカと組んで日本を非核化して永年にわたってアジアを押さえるつもりだという日本の危機に面している。

中国論とは関係ないが、こういうくだりがあった

アメリカが日本を独立させたあと最も恐れていたのは、日本人がアメリカの与えた憲法を自分たちの力で変えることであった。私は数年前、自分の番組の中で平和憲法を作ったアメリカのマッカーサー司令部の関係者にインタビューをしたことがある。このとき彼らは一致して、「日本人はどのような努力をしても平和憲法を変えることはできないだろう。」と述べた。
「我々は憲法を変えられないように作った」
こうはっきり言った関係者もいたが、国会議員の3分の2以上の賛成で憲法改正案を発議し、その改正案を国民投票にかけて国民の過半数の賛成とを得るというのは、民主的な世界ではきわめて難しい。
トールマン政権はまったく変えられない平和憲法を日本人に与えた。

「日本に憲法を変えさせるべきではない。憲法が変われば日本は核兵器を持つだろう。そうなったら我々が第二次大戦で苦労して日本に勝ったのはいったいなんだったのかということになる。ドイツについても同じことだ」
ウォルフォウィッツ世界銀行総裁だけでなく、ブッシュ政権の首脳はいずれも、
日本の平和憲法はこのままにしておくべきであり、日本に核兵器を持たせるべき
ではないと考えている。アメリカの指導者は核兵器にこだわり過ぎるあまり、日
本の憲法を改正することに反対している。

ブッシュ政権の首脳が反対しているという点は、日高氏の他の本でも繰り返している。さて、ここまで読むとおわかりでしょうが、片岡先生の分析と違う。首脳全員が反対しているわけではないし、ブッシュは、改憲も日本核武装派を選択しようとしてる示唆もある、というのが片岡先生の読みだ。あとは、小泉総理の国内勢力との戦いと、踏ん張り次第なのだ。

中国は、日米安保を解消させ、アメリカ軍を日本から追い出したい。
そのあと、台湾を併合したい。
そのまま、沖縄まで取りに来るだろう。シナ人は完全に沖縄は中国だと思い始めている。そういう教育もしている。ちなみに朝鮮半島も中国だと思っている。

日米安保解消→米軍の日本撤退→台湾併合→沖縄併合
→日本呪縛で積年の恨みを晴らす。(もっとも勝手に作り上げた恨みだが)


日本人の多くは隣国を信頼しているし、平和ボケなので、そんなことあるわけがないだろうと考えているから、「俺はなんでも知っているんだ」と言わんばかりで反米を軽々しく口にだす評論家マスコミをも信頼する。隣国を信頼し切らず、注意深く観察することが、インテリの仕事ではないのか?多少の紛争も辞さずという考え方なしで、あの侵略国家とどう付き合うのだ?ガキの使いじゃあるまいし。
チベットやモンゴルのようになるのをどうして想像しないのか?
アメリカも民主党は特に、中国への変な尊敬があるから、このシナリオの可能性が高い。商売がシナ大陸でできるならなんでも有りだと割り切ることだってできるのだ。

台湾が取られた時点で、日本のシーレーンが軍艦で封鎖される。
日本人は政治よりも、経済に専念すればいいのだという、しったかを言うバカな奴らの意見を聞いてはいけない。政治がだめだと経済が終わるのだ。政治の日米関係に中国が入ってくると長く続いた日本の繁栄も終わる。日本では戦争は政治の延長だということも学ばせてくれないままだから、しょうがない、では済まされない。
片岡先生はいう。「政治優先だ。日本あっての靖国であって、靖国あっての日本ではない。」日本がなくなると、靖国もなくなる。日本の真の独立を果たすためには、靖国をテコにすべきなのだ。

 

 


 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。