So-net無料ブログ作成

少子化問題対策 [その他]

人口を増やす方法なら、以前書きましたが、移民が増えるので人口はそれほど減らないと考えています。好む好まざるにかかわらず、です。ただ、日本人の子供が減ることはやはり問題です。
戦争があれば子供は確かに増えると思います。戦場が近い緊張感からかもしれませんし、・・・・

戦争があれば、貧乏になるので、その時には体裁を考えないで生きることに集中できるので、子沢山になる可能性はあります。戦争行ったから貧乏だけど一生懸命生きろといえます。
現代が豊かだから、それを満喫したいから子供を作らないのです。また、豊かな方が教育は難しい。イギリスやアメリカの金持ちは、子供を全寮制に入れるのは、豊かだと教育が出来ないと思っているから、厳しさを植えつけるにはそれなりに、質素な生活に戻さないといけないと知っているからだと思います。

私が考える人口増加方法は、もっとシンプルです。18歳未満の扶養家族一人につき年100万円税金免除、3人いると全額免除にすればいいと思います。
3人産んだら15年もタックスフリーです。と同時に、国は年金や介護負担を大幅にさげる。

日本人は、家を買って子供を育てたらもう、老後のお金は残りません。子供の教育に金をかけられない、子供の部屋など用意できない、など考える人もいます。子供が生まれなきゃあ、養子をとるべきです。

国は年金や介護負担を大幅にさげる。そうすると自分の子どもに面倒を見てもらうか、金で介護を買うかしないといけなくなる。子供のときから将来は自分で自分の家族をもって面倒みて、面倒みられる時代になったことを知らせておかないと、ニートになっても生きられると考えるでしょうから。

国のメリットも大きい。

まず、未来の納税者が確保できます。
子供を育てるために、巨額の費用がかかるので、それによる経済効果、税収効果があります。


ユニクロ柳井会長のコメント [その他]

http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006011044.html

「政治が経済の足を引っ張ってる」ユニクロ会長

柳井氏
 「なぜ靖国神社に行くのか分からない。個人の趣味を外交に使うのはまずいんじゃないか」と憤るのは「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(56)=写真。「政治が経済の足を引っ張っている」と小泉純一郎首相を厳しく批判した。

 中国の工場と直接契約し、高品質の商品を低価格で販売するビジネスモデルを確立した柳井会長。「政冷経熱」といわれる日中関係の現状に危機意識は強い。「隣国として日中は抜き差しならない関係。この関係が破滅的になれば、日本という国だってなくなる可能性がある」と語気を強めた。

経済界の人はそれが仕事だからある程度はしょうがない面も多少ある。が、個人的には儲けたいのだが、長い目でみると大きく国益をそこなうことが、個人としても大きな損害となることを考えて欲しいもんだ。大きな歴史の動きがわからないと、田舎経営者扱いされてもしょうがない。稲盛氏ですらそうだから・・・。
今の日本の繁栄は、日本を守った戦没者にある。経営者にも歴史の勉強やこういう哲学は必要だと思うけどね。

 


稲沢産ってなんだ? [その他]

韓国のサムソンと組んでから凋落がとまらないソニーですが、テレビでも苦戦。
そこで、韓国でつくった液晶テレビに、愛知県の「稲沢産」というおかしなプレートで売り出している。
シャープが亀山産というのを強調しているからだが、韓国製のものを組み立てだけ稲沢でやったからといっても消費者をバカにしている。
こういう表示の企画を考えたソニー自体が、真剣に受け止めているのだろう。
ソニー=韓国と思われるようになったキズは深い。


耐震偽装マンション問題で思う [その他]

耐震偽装マンションの居住者への補償問題はどうなるのだろう。

国がそんなに補償してあげるべきだろうか?

私は持ち家派になれない賃貸派だ。なぜかというと、

財産は分散すべきだと考えている。
だから日本、アメリカ、ヨーロッパ株。いろいろな株には投資している。いろいろな為替の動きも加わるのである程度ヘッジされている。
だから、不動産を買うときは全財産の2/10程度としてリスクを限定したいと考えている。現状では、自分の財産の10分の2でいい物件なんか存在しないので買えないのだ。

株ってキケンだろうといわれても、株は売りたければ売れる。4日あったら換金される。
不動産というは、売りたいときにすぐ売れないとても危険な商品だ。

「株なんか、博打じゃん」といわれて
「俺は現物だ。お前なんか不動産投資してるじゃないか。お前の方がキケンだ」と、友人にいったことがある。
「俺は住むためだからね。家賃払っているのがバカらしいじゃないか?」
といわれたから説明した。

頭金800万とかを払って月々15万円を支払っていくというのは、先物取引と同じだ。
頭金を使ってレバレッジを効かせた投資で、投機に近い。なぜなら大半は借金なのだから。会社(株)が潰れるかも知れないことを知っている。マンションだって物だから潰れるかもしれないとなぜ思わないのだろうか。

今回の居住者の方が、
「毎月15万円から20万円のローンを払っている。だから、それ以外にこれから賃貸で借りないる金はないんです。」とテレビで応えていた。所得のめいいっぱいで業者はローンを組ませる。それにのってはいけない。

本当に騙されたのだから、気の毒としか言いようがない。しかし、そもそも全部、国が面倒みてくれるなんていうことはできっこない。
もう、15万円の賃貸は借りられないのなら、3万円とか5万円のところに家族で住むしかないだろう。冷たいかもしれないが、そういう心構えでないと買ってはいけないのだ。
借金してまで一つのシナリオにかけてしまってはいけないと思う。

その地域に電車が通って駅でもできたら不動産価格は上がる。その時はその人たちは儲かるのだ。その逆として、マンションが住めなくなるという最悪のパターンも考えるべきだと思う。
そんなこと考えたら買えないじゃないか?
と言われるが、買ってはいけないと思う。

アメリカと戦後の日本だけが、持ち家比率が高い。日本も戦前はほとんど借家だったのだ。世界覇権国であるアメリカならともかく、日本は不安定の孤の東に位置する中東の次の危険地帯だ。シナや北朝鮮というならず者国家がミサイルを向けている。

震度6でなく、8とかの地震だって関東にくる可能性もある。
建物がよくてもその地盤が断層に載ってればダメなのだ。高層ビルは1cmずれれば、エレベーターは動かなくなる。
今年杉並に起こった集中豪雨が荒川あたりにあったら、堤防は決壊していたはずだ。
物理的でなくても、せっかく買った家の近所の住人にうるさいのがいる場合もあるだろう。変な宗教が近くに引っ越してくるというソフト面のリスクだってあるのだ。私は上京してきた時、兄貴と二人でアパートに住んでいたが、下に住むの子連れの家族の暴れっぷりに閉口した。抗議したその後、自転車や郵便受けに嫌がらせをされたのだ。貧乏生活だったが、相手がノイローゼ気味の主婦だっただけに引っ越しを選択した。このとき学習した。裁判や争っていくのもいいが、それに勝たないと人生が開けないとなるのは避けたい。そんなことに焦点を合わせて生活するのはもうよそうと思った。

家を買っても住めなくなる可能性を考えると、さっさと引っ越せる余裕が必要だと思うし、人生で致命的なダメージを受けるような買い方はしてはいけないと思っている。

「日本を、国をよくしたい」とは思うが、国は守ってくれる限界があるし、個人が他人や国家に預けてはいけないポイントを見直すべきだと思う。


墓前奉告祭 [その他]

海外へ行っていたため、憂国忌に参加できなかっただけでなく、土日も仕事が多くて、今日の三島由紀夫の墓参りという企画にも友人に誘われながら行けなかった。

 


伊勢参り [その他]

おくやま君とその他友人あわせて4人で伊勢参拝グループに合流した。

夜中車で出発して朝到着。礼服に駐車場で着替えて勾玉池へ。

その後、外宮参拝。

神楽殿での式をみた。内宮のも以前の参拝の時に見たことがあったが、記憶はあいまいなのだが、同じようだった。

その後内宮も。どちらとも正式でとしたので、一重門?と二重門?の間で参拝できた。

この三重になっていて、一重目は開いていて、二重門の外から賽銭を入れて、参拝するのが、ふつうの参拝。いわゆる「小泉方式」。二重門から内側は、白い布がかかっていてあまり内側が見えない。撮影も禁止だ。

で、もうひとつ内側で、この二重門と三重門の狭い間での参拝が正式参拝なのだが、そのなかでも三重門への近さに勲位の差があるようだ。聞いた話では、総理大臣でも一重門の内側には入れないそうだ。門のぎりぎり雨の落ちるところまでとある人から聞いた。

みやげやその他もいただくのだが、あまり詳しく書いていいのかかわらないのでこの辺で。

西行がこう詠んだ伊勢神宮。何度きてもこの句が心にしみてくるところだ。

なにごとの おわしますかは 知らねども、かたじけなさに 涙こぼるる

 

 


2011年までに歯を治そう。 [その他]

ある友人Fとあった。どうしても見たい映画があるということでレイトショーを見たことがる。そのあと飲みに行ったのだが、そいつの背広の内側に歯ブラシを発見してしまった。

Fは以前から

「いい歯医者がいる。本当にすごいテクだし、真剣に勉強し、自分の技術を伸ばし続けている人なんだよ」

「日本中からでなく、外国からもお客が来てるんだよ」と聞いても流していたのだが、その歯ブラシをみて俺は焦った。

「どうしたの、その歯ブラシ?」と聞いたら、Fは、

「いやさー、あのいってた○○さん(歯科の名前)が本当に真剣だから、俺が自分の歯なのにそうしないと失礼じゃん」と言い出したのだ。

瞬間、「俺も紹介してくれ」と頼んだ。実際、奥歯が虫歯でもうないのもあるし、親知らずも3本ものこっていて、あらぬ方向に向いていて前の歯を圧迫している。レントゲンでみると本当によくこんなの放置してきたなあ、めちゃめちゃだと思っていた。それでも痛みがとれてくるともう歯科に通うのをやめるタイプだった。

http://blog.so-net.ne.jp/tkataoka/archive/20050630

以前このブログにも書いたが、2011年から歯科では保険が効かなくなる動きがあり、直すなら今のうちだ。前から、いい歯医者ない?と聞きながらも、その歯科を避けていた。なぜなら、Fがこういわれたことを聞いていた。

「Fさんね。私はね。歯を見ると、その人の人生がどんなのかわかるんだよね。ほんとうにその人が歯にでるんですよ。」


明治節を [その他]

今日11月3日は文化の日ってことになってますが、明治節、明治の日としての復活を願います。

ということで、なんとか時間をとって明治神宮へ行こうかと友人と予定を立てております。みどりの日が昭和の日になったので、次は明治の日制定して欲しいですね。黒船にゆすられて近代化をめざした日本の明治時代と明治天皇を思い出す日が必要です。

http://www.www3.to/meiji-shouwa/


万博行ってきました。 [その他]

多忙で、新規投稿もせず、レスもせず、急遽本日万博行ってきました。

私の兄は大阪万博に祖父に連れられて行っていたのですが、私は幼すぎて連れてってもらえなかった。筑波博の時もまだ、高校生で上京しておらず、博覧会見物は、初めてでした。

早朝にでたので、企業物が2つ見れました。それがやっと。トヨタと日立などは寄り付くことも出来ませんでした。万博が途上国でなくとも成り立つもんだと・・。

人の並びで、少し隙間が空くとどんどん割り込まれてしまう。私の経験では、パンフなどを読んだりしていたら、少しぐらい先が開いてしまう。気づいたら進めばいいと思うのだが、そんな悠長なことは許されない感じだった。子連れだろうと、お年寄りだろうと、容赦なく抜かしていく。地方から来た人が多いからそうなのかと思っていたら、電車に乗る時もそういったことが多くあり、なんだか名古屋がそういうところなのか?と思った。よくわからないが。とにかく、人を見に行ったようなものだから。

あと、駅でビラがまかれていた。

ぱっと見では、日本政府が中国人の人権を弾圧しているかのように見える内容だった。手に取ると、
「中国ブースに法輪功のTシャを着て入場しようとすると拒否されたこと」を書いたビラを中国人?が駅で配っていた。真の中国の姿、人権弾圧を知らせることができる大きな団体なだけに、ときどきこういう動きをチェックするのは必要なことだと思った。ただし、早朝の公園で気孔に励むほどの決意はまだない。


Drinks on the house for everybody! [その他]

圧勝でしたね。

「知的な人間」なら現政権を批判していればそれで、それらしくできる。
「評論家」なら批判しなきゃあならないってもんじゃない。
批判だけ、煽るだけなんていうのは楽だけど無責任なもんだ。
政治は現実の中で動くものだから、「苦渋の選択」はある。
その「苦渋の選択」を考えやすくできるようにするのがアメリカ通信で、「アメ通を読むようになって、とても情勢が分かりやすくなった」という意見をたくさんいただきました。

今後ともよろしくお願いいたします。

しかし、小選挙区はこうやって勝つんだというダイナミズムを感じましたね。
1、わかりやすい対立争点
2、強い意思と信念があり、本当の毅然とした態度

そこに国民が動いたのでしょうね。本来、政治家とは、そして選挙ってのはこうするもんなんだって感じですね。官僚のようにぐにゃぐにゃわかりずらい言葉をこねた政治家はいらんですね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。